噛み合わせをよくし、体調不良の予防にもなる矯正歯科

毎日健康でいるために口内環境は整える必要がある

様々な方法

矯正する方法が増えています

歯を矯正する場合には矯正歯科を利用すると良いです。 矯正は歯にワイヤーを取り付けてする方法が一般的です。 以前は表側にワイヤーを通して、色も目立ちやすいものでしたので、周りからも矯正していることが分かってしまいました。 現在はワイヤーや取り付ける器具の色が目立ちにくくなっています。 その他にも歯の裏側にワイヤーを通す方法では、周りに矯正していることを知られることなく歯並びを治せます。 マウスピースを使って矯正する場合には透明なので目立ちにくく、取り外しができます。 矯正しているときには食べ物のカスが溜まってしまって虫歯になるリスクが増えていましたが、マウスピース矯正は食事のときには取り外したり、洗うことできるので衛生的です。

矯正歯科に通うのは子どもが多い

矯正歯科に通う人は歯並びが気になっている人が治しにくる場所です。 昔と比べて歯並びが悪い人が増えています。 その理由は食事の際に噛む回数が少なくなっているためで、柔らかいものを食べることが多くなっているのですぐに飲み込んでしまいます。 噛むことが少ないと顎が発達しません。 顎の発達が歯並びには重要なことで、顎が小さいと歯が生えるスペースが少なくなって歯がずれて生えてしまい、歯並びが悪くなるのです。 矯正歯科に通うのは子どもが多いです。 矯正をするには年単位の長期間必要です。 子どもは骨が発達していないので柔らかく、歯を動かしやすいのです。 矯正歯科に払う金額や通う年数も短くできるので、子どものうちに歯並びを治すことが多いです。