噛み合わせをよくし、体調不良の予防にもなる矯正歯科

毎日健康でいるために口内環境は整える必要がある

矯正歯科の変遷

矯正治療の歴史と発展

従来までの矯正歯科治療といえば歯の表側に装着するマルチブラケットが最もポピュラーとされてきました。取り付けが高度な技術を要しないこと、コストが低いこと、適合する症状が多いことから矯正装置としての普及率は群を抜いています。 マルチブラケットはワイヤーとブラケットをゴムで固定し、ワイヤーの引っ張る力で歯を矯正させます。最近ではワイヤーを使用せずに歯を動かすマウスピース矯正や装置を固定するゴムを使用せずにゆるやかな力で矯正するセルフライゲーションシステム矯正などがあります。これらは従来の矯正装置にはない特長を備え、今まで矯正治療に踏み切れなかった方も治療を検討することができています。 矯正治療の発展は矯正装置の進化とともにあり、今後もさまざまな特長を持った矯正治療法が開発されていくものと思われます。

矯正治療の今後の動向とは

今後の矯正歯科治療はより患者の要望に応えられる矯正装置が開発されていくと思われます。矯正装置に求められているものは歯への矯正力だけではなく、いかに矯正装置が生活に馴染みやすいかも重要です。矯正歯科治療を普及させるためには治療法自体が進化していく必要があると思います。 あなたが矯正歯科治療に求めることはどのようなことでしょうか。症状や生活スタイルによって各人異なるとは思いますが、矯正装置は治療中であればずっと付けなくてはいけないものです。インビザラインなどの着脱可能な装置は別として、やはり審美性であったり痛みが伴わないような特長的な装置というのは魅力的に映ります。 日本において歯列矯正が当たり前の世の中になるためには、患者が求めるものに応えられるような矯正装置を開発する必要があると思っています。